幸福への羅針盤

 四柱推命、九星気学(お水取り=祐気取り)、玄空学、家相鑑定、姓名判断、墓相鑑定などの占いと、あらゆる観点から、相談者の身に何が起こっているのかを調べ、開運へと導いていくページです。
四柱推命 羅針盤 自然霊
九星気学のページ 墓相鑑定
姓名判断 Eメール1
家相鑑定 お水取り日程
お水取り Eメール2
掲示板 自然霊の排除
料金表 お財布
詳しいお水取りのページ

祐気取りで開運しましょう
  
 人は長い人生の中では幾多の障害をその身体に受けていくことでしょう。不幸な状況に遭遇し、それを運命とあきらめてしまう事は簡単です。しかし、それで良いのでしょうか。少しでも今の状況が良くなるのであれば、改善していくのも人間ではないでしょうか。不運と言うものを突き詰めて行けば、その根底には必ずその不運に至らしめた原因が有るはずです。この原因を一つひとつ解決していくことが、やがては幸福へとつながる道となるはずです。人間は生まれてくるときは幸福になことを約束されているということです。今はっきりと言えることが有ります。それはすべての人間は幸せになる権利を必ず持っていると言う事です。特に他人に対して「徳」を積むことで運が開けます。

 世間一般にも多数の占術があります。玄空学、九星気学(祐気取り)、家相鑑定、姓名判断、等々数え上げれば切りが無いくらいです。しかし、これだけは言えます。いかに優れた鑑定でも、現状を知らせるだけのものでは、改めて自分の置かれた状況を再確認をするだけでしかないのです。現状が良くないのは相談にくる当事者が一番よく解っていることであるし、それを聞いたからとしてもどうすることも出来ないのです。占術ではこうなっていますと言われても占いなどは、当て物では無いのです。また、相談者の意見を聞くだけでは、そのとき相談者は一時的には気分がすっきりしますが、なんら開運の方向を示していないため、問題は何一つ解決はされていません。
大切なのは、どうすれば相談者の状況が良くなるのかを知らせることでは無いでしょうか。
更には、祐気取りに代表される業者には、祐気取り開運の知識もろくに知らずに素人が開いているものがかなりあります。祐気取りで代表されている九星気学は簡単に見えても、内容は複雑です。素人判断で祐気取りを行った場合思わぬ落とし穴に陥る場合がかなり有ります。
祐気取りはテクニック、作法ではありません。大事なのは祐気取りをする人の他人に対する「徳」の精神であり、常に「徳」を積む心です

  このページでは、九星気学(お水取り=祐気取り)、家相鑑定(玄空学風水、八宅風水)、姓名判断、墓相鑑定、など独自の立場から鑑定したものと、また複数の視点から総合的に鑑定し、相談者の身に一体何が起こっているのかを探り、最善の開運方法をお知らせすると共に、新しい幸福な人生を共に見つめて行くことを目的としています。
総合的に鑑定して行くのは、一つの分野だけでの鑑定では、その偏重に偏りやすく、真実を見誤りやすくなってしまうからです。
祐気取り鑑定は集中指導しております。祐気取り開運は鑑定だけではなく、その後の状態も診ていきます。
明治の初めに九星気学を作り上げた園田真次郎氏の著書、気学大系にも書かれていますが、気は温度には反応しますが、光には反応しません。祐気取りで、黒い容器で包む必要はありません。祐気取りはテクニック、作法(作法と言っているサイトでその中身を言っている所は有りません。あたかもじぶんのところが異質なところだとでも言っているに過ぎず。これを切り出している所は自らインチキサイトです。と表明しているに過ぎません.この様なところはそのほとんどで中身が有りません)ではありません。
また、心の持ち方が大事です。特に「徳」を積まれることです。運気も格段に上昇していきます。「あの人に相談しよう。あの人に頼もう。とあなたの周りで、運気の上昇を手助けしてくれる人も多くなります。正しい祐気取りはあなたの運気を上昇させてくれます。手水舎のお水は悪まで天然水のお水で(気)を含んでいるもので有るに限ります。 「21世紀以後は全ては良いことのために有ります。」

祐気取りの詳しい内容は、「九星気学の詳しい祐気取りページ」をごらんください。
祐気取りの鑑定は、月日、時間(お水を採取される場所によりわずかながら時差が生じます)は勿論、祐気取りの場所の特定、現地までの交通経路、現地情報、「徳」を積むこと、などを詳しくお知らせいたします。
掲示板

祐気取りに関する鑑定は、一年分の日程表を販売しております。一年分の日程、場所の特定、現地までの交通機関、お水取りの注意事項などをお知らせ ,販売しております。

お水取りに関する注意、禁止事項

おりひめ

関西易占学研究室