病人、怪我人が出る墓

 【石塔が風化している墓】
建立してから何十年、何百年経ったお墓は、かなりの風雨にさらされています。当然墓石も風化し、戒名が読めなくなったり、石塔が崩れたり、色が変色したりします。墓石は人間の正面と同じで、その風化しているところで色々病気に見舞われます。これらはお墓の相続人のみならず、一族に影響を与えます。ただ、結婚をして独立し、自分のお墓を持っているものには影響が有りません。
風化しているお墓は、災害や火災などに会うと致命的な状態になってしまうことが多いようです。

 
【石塔が欠けている墓】
石塔が欠けている墓は、風化しいる墓に似ています。また、ノイローゼ、精神病など患者が居る家が多いようです。
その他は、交通事故、不慮の事故、また婚姻が出来ないなどです。仕事、生活面では、出世できない、商売不振などがあります。

 
【石塔が二段しかない墓】
お墓は 天、地、人と三段で構成するものです。そのうちのどれかが無いお墓になります。
三段のうちどれかによって影響も変わります。
  @ 上段、竿石が無い墓
    相当の覚悟が必要です。命が風前の灯火です。この石は主人を表しています。したがって
    相続人が出ない、家庭崩壊、経済力も無くなります。
  A 中段が無い墓
    中段は女性を表しています。一家に女性が居ないことに通じ、婚姻関係に影響が出ます。
    また、中段は動産を表しています。この石がないとなると、経済的に恵まれることは有りま
    せん。
  B 下段が無い墓
    この石が無いとなると足の病気から逃れることは出来ません。また、寝たきりの病人が出
    来ます。
    この石は不動産を表していて、この石が無いとなると、いつまでも借家暮らし、かりに家を
    建てようとしても苦労が付きまといます・
    二段墓を持っている家ではまともな暮らしは望めません。この二段墓の良い例が西洋墓で
    す。お墓は三段ではじめて効力を発揮するものです。

 【樹木の陰になり、日が当たらない墓】
こんな墓を持っていたら一生病気からは抜け出せません。木の中でも針葉樹や刺のある木の場合は、痴呆、癲癇、精神病などが起こりやすくなります。木の葉が刺さるようだと、常に頭痛に悩まされます。
本来、墓地内に木を植えることは大凶です。木の根に墓地のエネルギーを吸われてしまうからです。また、お墓の近くでも木が張っていると影響はかなり有ります。根があるものは埋められれて居る骨にも影響を与えます。成長しない木でも養分を吸われるので影響には変わり有りません。
樹木を植えて飾っているお墓を見るにつけ、お墓を何だと思っているのでしょうか。
お墓に切花を供えるにはそれなりの理由が有るのです。

 【墓地内に砂利が敷いてある墓】
これは骨の病気が起こります。ひどいときには寝たきりになるでしょう。砂利が敷いてあると草木が生えません。草木は植えてはいけませんが、自然に生えてくるのは良いのです。草木が自然に生えてくるのはお金だと思ってください。墓参のたび摘み取ることにより、繁栄が生まれるのです。また、砂利を敷いてあるとお墓が窒息してしまいます。

 【水はけの悪い墓】
埋め立て跡地などに作られた墓地などに多く見られます。水が溜まりやすいつまりいつもお墓がじめじめしていることにつながります。特にカロト式のお墓に多く見られ、カロトの中は水びだしの状態になっていることが多いのです。
起こる現象としては、糖尿病など、また目の病気があります。
元々骨というものは、土に返すべきものなのです。じめじめしている場所では、骨は土にはなかなか返りません。このことは土に返らないのですから、先祖帰りが出来ず結果子孫が絶える結果となります。

 
【石塔が傾いている墓】
地盤の悪いところに建てられている墓は、傾いてくるのはあたりまえです。速やかに傾きを直すべきです。
起こる現象としては、家の経済状態が悪くなり、家族の体などにも変調が起こります。周りのお墓も傾いているようなら墓所自体に問題が有ります。早々墓所を変えた方が良いでしょう。

 
【汚れている墓】
お墓が汚れていることは、結果的には不浄墓となってしまいます。
よく、墓石の上から水を掛けただけで、そのまま帰る人が居ますが、とんでもない事です。最近は書籍などでもそう指導している人が居ますがとんでもないことです。晴れた日など掛けた水をそのままにしていると、石焼けを起こしてしまうからです。石焼けを起こした墓石はしみがつき、計り知れない凶事を招くことにつながります。
正しくは、水を掛けながらたわし、歯ブラシなどで洗い、その後きれいな水で流し、乾いた布などで、拭き取ることです。


             次へ