九星気学の凶殺方位、吉方位でお水取りに関わりのあるもの

 九星気学の方位を書き記します。お水取りでは吉方位お水取りをすることにより、かなりの効果を得ます。
 凶殺方位ではお水取りは出来ません。必ず避けてください。しかしながら、凶方位でも使用方法によっては
 は、お水取りが出来る場合があります。どれとどれを取り入れているのかは企業秘密とさせてもらいます。
 宅盤も含めて関係を表示しておきます。宅盤の神殺が影響する場合も有るからです。

五黄殺  方殺 大凶殺  五黄土星が回座する方位です。凶殺の中でも最も強いものです。この方位には足を向けないようにと言われるほどです。中宮に有る場合は、もっとも強い凶作用をもたらします。月盤、日盤、時盤とも使用できません。ただし、年盤に有る場合は年間に広がるために、凶殺ですが使用できる場合が有ります。
暗剣殺  方殺 大凶殺  五黄土星が回座する方位の反対側です突発的な凶事に見舞われます。この方位へも五黄と同じように使用することが出来ません
本命殺  方殺  大凶殺  自分の星が回座する方位です。自我の行動が我ままになり、そのことで逆に行きすぎが発生し全てを破壊してしまうことになります。自我崩壊の方位になります。
本命的殺  方殺  大凶殺  自分の星の回座する方位の反対側です。本命殺と良く似て居ますが、本命殺を表の凶殺とするとこの方位は裏の凶殺と言えます。活躍すればするほど、マイナス面ばかりが強調されていくと言う結果になります。
歳破  方殺  大凶殺  方位の破れで、運気のエネルギーが穴から抜け出てしまう状態になります。年間を通じて、運勢が極端にダウンして行きます。家相盤の歳破神と同じものです。 暦に記載されています。
月破  方殺 大凶殺  歳破と同じですが、凶作用が月に凝縮されます。
その月の干支の方位盤の反対側です。
日破  方殺  大凶殺  五黄殺、暗剣殺に並んで九星気学ではもっとも恐ろしい凶殺です。歳破と同じですが、日に凝縮されます。
その日の干支の方位盤の反対側です。
時破  方殺  大凶殺  歳破と同じですが、時間に凝縮されます。時間に凝縮されるので、もっとも祐気取りに影響します。
その時間の干支の方位盤の反対側です。
方位盤に関係する神殺のみ明記しました。  
 大将軍  神殺  中凶殺   旅行など方位盤にも影響
 歳殺神   神殺   中凶殺   旅行など方位盤にも影響
 歳破神   神殺   大凶殺   上記歳破と同じ
 定位対沖      殺方位とは違いますが、重要な意味を持ちます。
 都天殺  神殺   大凶殺   宅盤では大凶殺
 白寅
 神殺   中凶殺   宅盤の姫金神と同じ
 病符、死符  神殺   中凶殺    前年の歳破神・太歳神の後に位置する凶神。
 劫殺、災殺  神殺   中凶殺   方位に向かっての普請、修理、造作、動土などは凶です
 天一神   神殺   中凶殺   天と地を行き来している神、この神がめぐる方位を犯せない。 
 月命殺  方殺 微小凶殺   月命殺、月命的殺、日命殺、日命的殺。 このようなものは無いとして、無視している指導所も多く有ります。
 小児殺  方殺 小凶殺  お子さんについては、特にお水取りは必要ありません。
 水火殺  方殺 小凶殺  一白水星と九紫火星とが相対するときです
関係吉凶神も明記しておきます。   
 歳徳神   吉神  大吉   恵方とも言います。お寿司の恵方巻きでお馴染みの方位です。
 大陰神   凶神 中凶  すべて女性に関したことを忌む
 歳緑神  吉神   中吉   結婚・開店・商取引・相談ごとなどは、すべて成就して大成功をおさめる吉方位
 大歳神  吉神   大吉   樹木を伐ったり草刈りをすることは忌み禁じられる
 歳徳合   吉神 中吉  恵方の反対側に現れます。
 大将軍   凶神   大凶   三年塞がりの方位です
 歳刑神  凶神   大凶   屋敷内の動土
 歳殺神  凶神  中凶  この方位に向けての 結婚・出産・建築・旅行・金談は忌むべき
 黄幡神  凶神 大凶  この方位に向かっての動度は控えてください(お砂取りなど)
 歳枝徳  吉神  中吉   災いを救い、弱きを助けるといわれています
 都天殺  凶神   大凶   この方位に向かっては何事も凶 五黄殺に次ぐ大凶です
 月徳合  吉神  中吉  この方位に向かっての旅行・普請・土を動かすこと・結婚・開店・商取引・相談ごとなどは、すべて成就して大成功をおさめる吉方位です。 
 天道  吉神  大吉  お水取りではお馴染みの方位です。
 人道  吉神  大吉  天道に次ぐ吉方位です。
 天徳合   吉神  中吉  恵方の反対方位です。
 天恵  吉神  徳大吉  恵方と同等またはそれ上位の力を持つ最高吉神です。
       


◎ 小児殺と言うものが有りますが、特にお子さんが願掛けをするとき以外は、お水取りをする必要はなく、お子さんが15
   歳以上になるまでは、親の運気にほぼ依存します。ただし、願掛けなどの場合はご相談ください。

◎ 凶殺方位は、帰りの帰途にも影響します。帰り方位の鑑定では細かい鑑定が必要です。 方向換えと言う特殊な方
   法が有ります。これは大変難しく当方にお尋ねください。HP上では企業秘密とさせてもらいます。この方法は江戸時
   代のお水取り開運には盛んに方向替えが行われました。


◎ 恵方、天道が有ります。これは吉方位として存在し、凶方位の凶意を和らげ、吉方位の吉意を強める働きが有ります。
   この扱いは企業秘密にさせてもらいます。その他には、天徳、天恵、月徳、人道があります。お水取りには最適です。
  

◎ 九星気学のお水取り開運には、時間を無視しては成り立ちません。時間にもっとも凝縮され、時間が変わると全く違う          
   運気になるからです。また土地によっては時差があります。お水取り開運に影響します。

◎ 日破殺、時破殺は、場合によっては五黄殺よりも更に強い凶殺で、恐ろしいものです。お水取りは、全く出来ません。

◎ たとえ大凶殺の場合でも、天恵が入ると一変し、最大吉になる場合があります。


◎ お水取り開運では、この他に凶神、吉神が有りますが、一度に重なる以外は問題ありません。

◎ 取り除く凶殺はまだありますが、この点は企業秘密にさせてもらいます。またどの凶殺を採用するかも企業秘密にさせ
  てもらいます。注意事項とさせてもらいます。


◎ 色んなサイトでお水取り開運を簡単な手法だけで誘っていますが、そう簡単なものでは有りません。
  労せずして開運を手に入れようとしても、手に入るものでは有りません。


◎ その他のお水取り方法として、天恵、天道によるお水取り方法があります。
   また、人の心として「徳」を積むことが必要です。これが無いと開運は難しいでしょう。

◎ よくお寿司屋さんで恵方巻と称して巻きずしを販売していますが、気学的には何の根拠もありません。商売上のもので
   す。本来の恵方の巻きずしの食べる日は、冬至の日です。これとて定かではありません。


土用 この期間中はお水取り、祐気取りが一切出来ません。年に四回有ります。土用は前後の有余期間も含まれていますので、別に有余期間を取る必要はありません。間日(まび)が有りますが、お水取りでは採用しておりません。
五黄土星の中宮 年盤で五黄土星が中宮に有る場合は土に関する祐気取り以外は出来ます。月盤、日盤に五黄土星が有る場合は一切の祐気取りは出来ません。
その他の注意事 お水取り注意事項を参照してください。   

まだまだ考慮する点は多数あります。ここに出したものはほんの一部です。
これらを全て考慮しお水取り鑑定をするのは、インチキ業者
を含め素人には無理です。

さみだれ


お水取りが出来る日時のときには、凶殺方位も力が高まって居ます。注意事項とします。
お水取りは人に対する「徳」を積む行為で結果運気を上げていきます。相手を思う心です
決してテクニックによるものではありません。また自宅には起点となるものが要ります


 私どもでは、月命殺、日命殺、月命的殺、日命的殺の凶殺方位を参考程度にしか採用していません。

有名故人の著書に関して、月命星の明記はあるものの、月命殺の明記は無く(暦の月命は有り、これは毎月の干支により標記 暦を見れば記載が有ります)、近年にお水取りを紹介された業者も、月命星は有るものの、月命殺は採用する必要はないとのこと。
暦からくる月命と、誕生日からくる月命星また月命殺とは違います。
他業者の言っている月命とは、生まれ月の九星の月命星を言っているのですが、これを月命殺として採用すると、月命的殺も採用せねばならず、同じような考えで、日命殺、日命的殺も考えなくてはならなくなります。月命星とそれを凶殺とした月命殺は違います。
年に対する標記は、<歳命>とはされず、<本命>となって居るはずです。これには理由が有り、年盤、月盤、日盤、時盤に採用されるためです。
また、実質、気学鑑定にて、計算しても矛盾点が多く、市販の暦に置いても、八将軍は載って居ても、上記の物は載って居ません。暦の月の月命標記とお水取り日が重なることはほとんど有りません。私どもの多くの会員の相談者の方々にお願いして、長年調査をしましたが、月命殺については、無視しても問題は無いものと結論が出ています。
わずかな凶殺で、相談者のせっかくの開運の機会を奪うことは出来ません。総合的に見て(会吉制化)、開運できるのであれば、実施すべきと考えています。勿論相談者にはその趣旨をお話しします。私どもは相談者の開運を常に第一の目的としています。色んな手段(八宅風水、奇門遁甲、玄空飛星など)、手法を用いますが、お水取りもその一つと考えております。
恐ろしいのは、お水取りで時間を無視した鑑定や、日破殺、時破殺を無視した鑑定、ひどい場合は6大凶殺を無視した鑑定の方が、はるかに大問題です。
本命星の補助的なものが月命星です。性格や本命星からくる運勢の補助的役割をします。したがって性格や運勢は微妙に違ってきます。しかし、この月命星が凶殺になるのは有るものの、ほとんど無視できる範囲です。
つまり月命星とは、生まれ年の星と、生まれ月の星を表しています。同じ年の星の人でも、月命星によって性格や運勢が違ってくるからですが、だからと言って、これをお水取りに採用するのかと言えば、疑問が出てきます。

多くの開業免許を持っている鑑定師は、鑑定に置いて、大凶殺に加えて、中凶殺まで入れていたのでは、一年中お水取りは出来ません。やむなく大凶殺のみで鑑定しているのが実情です。したがって時には鑑定がいまいちの場合も有り、お水取りを続けるのはこのためです。小凶殺だけを問題にしても意味のないことです。占い師の学校を出て、開業免許を貰っている人であれば、比較的早い時期にこれらを教えられています。あらためてHPに載せることは無いでしょう。

普段の生活の中で「徳」を積みましょう。お水取り効果に大きく差が出ます。

 私どもでは、以上の観点から、月命殺、月命的殺、日命殺、日命的殺は、お水取り、祐気取りに置いては、参考程度にしか採用はしておりません。暦上における月命とは全くの無関係です。毎月一回有ります。


月命星早見表
 三碧、六白、九紫  二黒、五黄、八白  一白、四緑、七赤  生まれ月の星 
 五黄  二黒   八白 2月
 四緑  一白  七赤 3月
 三碧  九紫  六白 4月
 二黒  八白  五黄  5月
 一白  七赤  四緑  6月
 九紫  六白  三碧  7月
 八白  五黄  二黒  8月
 七赤  四緑  一白  9月
 六白  三碧  九紫  10月
 五黄  二黑  八白  11月
 四緑  一白  七赤  12月
 三碧  九紫  六白  1月
人の性格には影響します。
節入から次の節入り前までを言います。
人による性格や運勢が、本命星が補助的に微妙に違ってきます。
私どもは更に進めて、月命星から傾斜法により性格、運勢を鑑定いたしております
傾斜法はお水取り、祐気取りでは使用しません。



初夢と気学


 
これは日本での初夢ではなく、古来の中国版の初夢です。この初夢の中にも多大に気学の要素が含まれています。この内容は中国の文献からの当サイトの見解です。
   
 1 泰山  
   
 揺るぎないもののたとえです。こちらにも八つの隕石が落ちています。
象徴は太上神仙鎮宅霊符神、北辰星、北辰妙見菩薩、天ノ御中主ノ命


 2 二鷹  3メートルほどの金と銀との鷹です。この二匹は絡み合って一つになり火の鳥(鳳凰)になると言われています。象徴は太極図そのものです。

 3 三茄  2メートルほどの茄です。いずれも金色に輝いています。
象徴は過去、現在、未来を表しています。


 4 四神  玄武、菁龍、朱雀、白虎を言います。象徴は四方の方位を表します。

(その他の神獣には、獅、麒麟、龍亀、鳳凰(火の鳥、が居ます)

 5 五鯉  3メートルほどの五匹の鯉です。滝を登り登り切ったときに龍へと変わります。赤龍、白龍、緑龍、黄龍、黒龍になります。龍玉(ドラゴンボール)は黒龍が持っています。龍玉は不可能を可能に変える働きが有ります。

 6 六瓢箪

1メートルほどの金色です。夢をかなえていく働きが有ります。また六根清浄をあらわしています。


 7 七宝 七つの宝です。金、銀、瑠璃(るり)、玻璃(はり)、硨磲(しゃこ)、珊瑚(さんご)、瑪瑙(めのう) の7種。


 8 八仙人

李鉄拐、漢鐘離、張果老、何仙姑(女性)、藍采和(子供の姿)、呂洞賓、韓湘子、曹国舅、中国の四大遊記の一つ、東遊記に書かれています。八仙人と竜神との戦いです
日本では七福人のモデルになって居ます。子供の姿をした仙人が居ません

 9 九馬  九里九馬の意味。方位を表し、八卦のもとになるものです。北斗八星を表しています。

                   貪狼星・巨門星・禄存星・文曲星・廉貞星・武曲星・破軍星・左輔星・右弼星
                                            九星気学の大元の星です
           一富士、四扇、五煙草、六座頭 と有るものは、日本で江戸時代に付けられたものです。

おりひめ

織姫(豊受毘売之命)



戻る2