太上神仙鎮宅七十二
太上神仙鎮宅七十二霊符
 

太上神仙鎮宅七十二霊符の謂れ

お守りやお札の元祖の神様です。紀元前、中国前漢の孝文帝の時代に広まり、日本では節分や七夕など星祭りはこの神様をお祀りします。家内安全、商売繁盛の神様です。

星曼荼羅の中心の仏様、軍神であり、敵を退け、天災、国土安泰、寿命を増す菩薩で、尊星王、北辰尊、北辰菩薩とも呼ばれています。
また鎮宅霊符神として災いを除き、福を招き、家を鎮め、幸福繁栄をもたらし、さらに航海安全の神、商業の神、受験、優れた容姿を授かります。(星田妙見宮にて販売しおり、この霊府は一生取り変える必要はありません)


 ある時、孝文帝が地方視察をなさると、ひなびた田舎にもかかわらず盛んに炊事の煙が立ち昇り、人の出入りが多い家がありました。
 易学や風水術にたけた帝の目で見て凶相の家なので不思議に思い、家の主人に尋ねたところ、「ハイ、およそ三十年前に不思議なことがございました。こんなやせた土地柄ですので、住むものも居らず、食うや食わずの生活でしたが、ある日二人の見慣れないきれいな服の人等が立ち寄り空腹を訴えますので、ありあわせの粗末なものを与えましたところ、思いの外喜ばれまして、これをお祀りなさいと、七十二枚のお札をいただきました。
 心打たれるところがありましたので、大切に神棚にお祀りしましたところ、お二人が言われた様に十年もすると家は豊かになり、人々が寄りつくようになりました。そして二十年も致しますと子供たちが沢山の子に恵まれまして、ひなびた里も賑わうようになったのでございます。
 そして今日は三十年目の年に当たり、あのお二人が云われた通り白衣の天子様のご来訪の栄を賜りました。鎮宅さんのお陰でございます。」
 主人は劉進平と云う人で、孝文帝は七十二符を謹写し都に持ち帰って陰陽師に命じて諸国に玄武を祀らせ、鎮宅霊符神を勧請して盛んに霊符を発符して人々の幸せを希いました。
 この物語に登場する不思議な二人は神仙と判り、神仙直伝の霊府であるところから、太上神仙鎮宅七十二霊符と呼ばれるようになり、全て星神のこの霊符から、お守りやお札などの風習が始まったのです。
 七十二の数は、大司命七十二星神のことで、極めて多い数を示す代名詞になりました。正式には大司命七十二神、小司命八千七百諸神國津神三十九司命と云うのが奈良朝陰陽寮で発符していた頃の鎮宅さんの中味です。
 鎮宅さんが流行ったことの痕跡は世間に深くきざみこまれており、最も代表的なものが節分、七夕の星祭りです。
 天の二十八宿は古墳の天井画に見られ、その折には必ず八方神の玄武、獅子、青龍、麒麟、朱雀、龍亀、白虎、鳳凰が八方に描かれています。鎮宅さんの星祭りは北方玄武神の上に北斗七星を配して祀ります。
 お百姓さんが冬の終わりに田を耕すように、春の節分祭では、星祭をして屋敷の清め祓いをして星霊の種を撒きます。世間の節分の行事に照らせばこの意味が判りましょう。
七夕には星祭を七日七夜行い七月七日の結願の日に大真西王母須勢理姫之命(豊受毘売命=織姫)をお招きして星霊の力により生命の復活再生を希う繁昌祭を行います。
 節分で祓い七夕で増やすと云う、この鎮宅さんの星祭は、あらゆる宗教に取り入れられ現在に到っているのです。七夕符にはこの様な意味が有り各家で祀られる様になりました。七夕は正式には棚機(たなはた)と書きます。七夕は天帝のお祀りであり、そり娘のお祀り(つまり織姫のお祀り)であります。


 鎮宅さんと呼ばれる話ですから、家宅の鎮めは鎮宅さんの神効の第一です。
加えて健康、家内の親和、家業の繁栄の為に鎮宅修法は、霊符、神符、道符を使って様々な神事、修法を行います。七十二種の神符には実に様々な効験が有り、道士がこれ等を謹作し、玄武を神のよりしろ、大司命神七十二神を始め、いわゆる鎮宅さんを招神して暗中神符に入魂して実効の有る符に仕上げ発符するのです。
家屋の鎮め、土地の鎮め、商売の繁栄、家督繁栄などにかなりの効果が有ります。子孫代々取り替える必要は有りません。

 

霊府の謂れは古代中世の謂れで、内容は現代風にアレンジしてみて下さい。

家の中で誰も居ないのに、ガタン、ゴトンと音がするときが有りませんか?

こう言ったものを鎮めることからも解ります。

大阪交野市の星田妙見宮にて販売   072-891-2003

                              午前9時~午後3時まで 年中無休

  効能 ほとんど全て                順不同

1.    釜鳴りや怪光、犬が部屋に上るなどの凶兆をもたらす悪鬼を除く

2.    動物が自分の子を食べるのは凶兆。それがもたらす災を防ぐ

3.    自殺して悪鬼となった者が祟り、家内に災をもたらすのを防ぐ

4.    戦死したり、貧困の末に餓死して悪鬼となった者の祟りを防ぐ

5.    家畜が死んで悪鬼となって祟り、災をもたらすのを防ぐ

6.    奇怪な強風や怪音、怪しげな灯火などの凶兆が起こるのを防ぐ

7.    井戸水が濁り、怪光が飛ぶなどの凶兆がもたらす災から家を守る

8.    家内の男女が若くして死ぬのを防ぎ、長命を約束する。

9.    暴漢に遭ったり、財産が減少するなどの災をもたらす悪鬼を除く

10. 悪霊や悪鬼の祟りにより、種々の災がもたらされるのを防ぐ

11. 大雨や干魃などの自然災害をもたらす天地陰陽の気運の乱れを正す

12. 争いが絶えない、悪事による被害を受けるなどの災を防ぐ

13. なんらかの理由から殺人を犯すようになった悪鬼の祟りを除く

14. 凶悪な悪鬼や悪質な物の怪がもたらす種々の災を全て除く

15. 家に富を招き入れて豊かになり、一生災に遭うことがない  

16. 悪鬼の祟で頻繁に盗難に遭い、争いが絶えないなどの災を防ぐ

17. 家族の病気や財産の減少などの凶事を招く、鶏の夜鳴きを防ぐ

18. 四季の気象や気温が乱れて生じる病気の流行や、災害を防ぐ

19. 軍兵をむやみに集め、人を害し、国家を乱れさせる悪鬼を除く

20. 養蚕がうまくいかず、損失を出すなどの災に遭うのを防ぐ

21. 家畜が狂って暴れ、人を殺傷するなどの害に遭うのを防ぐ

22. 悪夢を見たり、経営に失敗して利益が出ないなどの自体を防ぐ

23. 北方の土神の気が祟って、財産を減らしたり失ったりするのを防ぐ

24. 南方の土神の気が祟って、使用人や部下が事故に遭うのを防ぐ

25. 家内に鬼神が祟って、家族が事故に遭ったり死んだりするのを防ぐ

26. 西方の土神の気が祟って、他人に悪口を言われるなどの害を防ぐ

27. 中央の土神の気が祟って、使用人が居着かないなどの害を防ぐ

28. 経営上での望みや願い、心に思うことが全て叶う  

29. 不慮の事故などで死んだ者の祟で、家族に害が及ぶのを防ぐ

30. 職場での昇進や昇給等の願い、望んでいることが全て叶う  

31. 悪霊の力により職場で昇進した場合、その霊の祟りを除く

32. 寺や墓地の地下に伏す屍が、使用人や部下に祟るのを防ぐ

33. 盗難に遭うこともなく、願いは全て叶い、幸福になれる

34. いくつもの病気が重なって長患いになる害を防ぎ、平癒させる

35. 雨が降らず、干魃のため農作業に支障が出る時、龍神を招く

36. 鶏などの家禽や動物が、家屋の屋根に上るといった怪事を防ぐ

37. 家に財産を招き入れ、自然に豊かになれる   

38. 蛇や虫が家に入ってくるのは凶兆。これらの怪事や祟りを防ぐ

39. 門戸を守って家内に災が入るのを防ぎ、他人から賛辞を浴びる

40. 神の祠、野の精といった自然の精霊などの祟りを防ぐ

41. 誕生日の星回りが悪いために、絶え間なく振りかかる災を防ぐ

42. 万物の精が狂い、秋に桜が咲くなどの異常気象をもたらすのを防ぐ

43. 東方の土神が祟って、人の精気が消耗することを防ぐ

44. 職務上の犯罪で罰せられ、獄死して悪鬼となった者の祟りを防ぐ

45. 古く老いた樹木に宿る木の精霊が祟ることを防ぐ

46. 邪神を祀った祠の祟や、また悪事をなす気を好む悪鬼を除く

47. 日月星の三光に異常が起こり、国に災害をもたらすのを防ぐ

48. 太歳(木星)の年神が引き起こす疫病に感染する害を免れる

49. 天の気、地の気がともに乱れ、国に災害をもたらすのを防ぐ

50. 訴訟に関わり、裁判所から突然呼び出されるなどの災を防ぐ

51. 邪気を除き、悪鬼を駆除して、家内を正しく平穏に保つ

52. 疫病などの災をもたらす悪鬼を除く。農作物も安泰が約束される

53. 夢のなかで何かに驚き、襲われたりするため、体が疲労するのを防ぐ

54. 胎衣納めの儀式を欠いたために、不浄が悪鬼となり祟るのを防ぐ

55. 死んだ家畜が祟ったり、使用人が逃亡するなどの災を防ぐ

56. 突然、人を驚かしたり、恐れさせる怪事を鎮め、消滅させる

57. 食事の後に腹が張るなどの不快感を起こす悪鬼を除き、回復させる

58. 古塚の跡などに建てた家に、地下の屍が悪鬼となって祟るのを防ぐ

59. 不意に名を呼んで驚かしたり、家内に怪事を起こす悪鬼を除く

60. 盗賊に驚かされたり、脅されて恐ろしい思いをするのを防ぐ

61. 地中に埋もれた屍の悪鬼、生霊や死霊がもたらす祟りを防ぐ

62. 農作物の不作や養蚕の不調、家族に病人が絶えないなどの害を防ぐ

63. 種々の霊などの祟りによる怪事や争いが絶えないなどの害を防ぐ

64. 蛇や鼠が蚕を食べたり、夫婦仲に異変が起こり不和となるのを防ぐ

65. 農作物をよく実らせ、家畜を肥えさせ、養蚕を成功させる。

66. 種々の鬼や霊が祟って、人に事故などによる害を与えるのを防ぐ

67. 子孫が豊かになり、仲睦まじく過ごし、長命が約束される

68. 家族に病人が絶え間なく生じるのを防ぎ、さらに平癒に導く

69. 家内に病人が続出し、盗難に遇い、財産が減少するなどの害を防ぐ

70. 家人の病気を重くし、福力を減らし、寿命を縮める悪鬼を除く

71. 家業を衰退させ、また人に災難をもたらす悪鬼を除く

72. 家畜を殺傷し、出産や生育妨げる悪鬼を除く

 


戻る