kokonotu流 お財布の選び方

九星気学によるお財布の運用

お金の性質 (九星気学より)  
    お金は風水、陰陽五行学的には、木気の部類に入ります。暗く静かな場所を好みます。 お金に男性用とか、女性用などという物はありません。
陰陽五行学  木気、水気、金気、土気、火気 の五行に分かれます。
従って財布に男性用と女性用が有るのはおかしいのです。お札は寂しがり屋です。仲間が多いほと居着きます。またお金以外の物が入っていると嫌がります。
   
         
財布の形 
    長財布を持ちましょう。お札は折り曲げると痛がって逃げてしまいます。折りたたみの 物をお尻に入れるのは止めましょう。折曲げ式の物をお尻に入れているのは最悪の運気になります。    
         
財布の色  
    赤色系     
    お金の出入りが活発になり、入ってもすぐに出て行ってしまいます。     
    黄色系     
    赤系統と同じく、出入りが活発になり、お金は貯まりません。    
    白色系    
    お金が寄り付きません。    
    黒色系    
    お金の出入りが止まります。財布は死んでいます。徐々にお金が無くなっていきます。    
    茶色系    
    お金が落ち着く環境になります。お勧めなのはダークな感じの焦げ茶色で、少し赤が入っている物です。
ダークエンジ色をお勧めします。赤を少し入れるのは動きを少し出すためです。
   
       
 
    全般的に明るい色では、お金が落ち着きません。出来るだけダークなものにしましょう。
お金は静かな環境の色を好みます。
   
         
    適度の金属がついているものはより効果が出ます。丸い穴の空いた金属があるものをお勧めします。
また、縁起物を財布に付けてあげるのも良いでしょう。ただし量は適度にしましょう。
   
         
注意事項 (九星気学より)
    中身にはお金に関係しないものは入れないようにしましょう。領収書、会員券、その他の金券など。領収書が要る場合は別に領収書
入れや会員書入れなどのを別に作りましょう。
   
         
    クレジットカード類も出来れば、2、3、枚にして、あまり多くを持つのを止めましょう。
その他のカード類は別にカード入れを作りましょう。
   
         
    お札を折って収納しないでください。 お札はおもちゃでは有りません。    
         
    お札は、同種類のものを、出来るだけ絵柄を揃えて入れます。    
         
    弁財天の象徴は白蛇ですが、直接お財布とは関係ありません。蛇革などでは、動物の気が入りお金の動きが激しくなり、居つかな
くなります。
   
         
    がま口では、小銭しかたまりません。    
         
    お金の悪口を言わないでください。どんな些細なことでも、金運は低下します。
お金持ちは、決してお金の悪口は言いません。:家系の財運なども同じことです。
   
         
    財布はゴミ箱ではありません。雑多なもの、領収書で満杯になった物はお金も逃げてしまいます。    
         
    宝くじ、スーパーなどの金券なども財布に入れるのは止めましょう。
(宝くじはある意味賭け事です。宝くじを神棚に置く人がいますが、神様は賭け事をしません。念のため)
   
         
    財布は贈り物として貰うものではありません。自身のお金で購入するものです。自身のお金として居着きません。ただし、神社さんで
の祈祷をし、神様からの授かりものであれば問題ありません。
   
         
    お札を折ったりして遊ばないでください。著しく金運が下がります。    
         
    小銭が多くなれば、適当に金額の大きなものと交換し、出来るだけ札に変えるようにしてください。中をパンパンにしないで下さい。    
         
    幸運の鈴系統を付けると良い。パワーストーンではタイガーアイが良い。お財布には、ウサギのアクセサリー(お金が飛び込む)
や、開運グッズ、鈴を付けると良いです(邪気を払う)。
   
         
    決して衝動買いをしないで下さい。金運が著しく下がります。    
       
    大事なことは、本当の意味でお金を愛することです。そしてお金の生きた使い方をすることです。    
    お金には常に感謝の念を送りましょう。    
         
     3年を過ぎた財布には霊気がありません。3年をめどに変えましょう。    
         
お財布の運用 (九星気学より)    
    お財布を購入したら。    
    1)   購入するとお財布にお金を覚えさせましょう。    
         
    2)  銀行より10万円程を下ろし、新しい財布に入れます。    
         
    3)  新しいお財布は持ち歩きますが、買い物の出し入れば古い財布で行います。
   新しい財布で会計をすると、お財布は出し入れを覚えてしまいます。
   
         
    4)  ひと月程持ち歩きます。ひと月経つと10万円は元の銀行に返します。その後使い始めます。    
         
    5)  神社さんなどでお祓いを受けた後、使い始めればより丁寧です。    
         
    6)  古いお財布は、神棚など家で一番清楚で、白い紙の上に乗せ、ひと月程休ませてあげます。    
         
    7)  その後、神社さんなどでお祓いを受けた後、塩掛けてゴミとして処分します。    
         
         
     おりひめ Saifu     
         
                                                     関西易占学研究室    
    戻る